メモ

バレンタインデーも近づいてきたけど、まったく出会いがない、付き合ってもいない、浮いた話も全くないって人多いんじゃないかな・・・・。恋人が欲しい!当然欲しい!男子も女子も関係なし。恋人がいないなんて人生じゃない!!そうまったくそのとおりだよね。。40代、50代の人には悪いけど、やっぱり20代前半の一番のピッチピチ状態の時に恋人が欲しいんだ!
探すしかないじゃないか!どうやって・・・・。ネットだろ!ネットで出会いを探して、恋人にしたいような相手を探すんだよ!決まっているじゃないか。。。
10年前まではこんなシステムほとんどなかったんだから・・・、会社の上司はいつも「おまえらいいよなーー」って嘆き節のオンパレードで攻めてくるんだよー。jほんとに困ったかちょうだよな。しょうがないじゃないかあなたの時代にはネットがほとんどつながってなかったんだからさ?、フェイスブック???なにそれー?っていってるぐらいだもの。。。
だめだよー。
恋人さがすことに、今最大限のパワーを注ごう!それがあなたがするべき希望っだあ!

お見合いって意外に今でもよく行われているそうなんですね。私達には関係ないとくに上流階級、セレブの人たちには定番なんだそうです。庶民はどうかというと行われているそうなのですが、誰かの紹介と言ったカタチはまったくすたれてしまって、ネットが主流なんだそう。当然ですね。バカ高いお金出してお見合いサービス会社に登録するなんて、この不景気に庶民にはまったくできませんね。出会い系が出始めて普通に出会うことができるようになって来ましたし、最近ではネットで婚活ってのが流行になりそうな雰囲気まであります。気軽に結婚をするこことではなくて、まずは出逢いの部分を気軽にして、その後は当然しっかりじっくり考えて相手を選んでっていうスタイル。もちろん庶民派のお値段で。。。。
探せばやっぱりあるものなのでしょう!

インターネットが携帯電話での利用も当たり前の時代になって、スマートフォンでお見合いサイトにアクセスし、無効のお相手とのお見合い。。。そんな数年前までなら、ありえないっってことが現実になっています。

思えば、男女の出会いのきっかけの一つとしての、インターネットが利用されるようになっただけなんですよね。コンパしかり、夜の歓楽街しかり、お見合いにしたって、人間が生まれてから、人類誕生してからずとあるシステムでもないわけで、男女が出会う仕組みとしてのインターネットとすればいいのでしょう。


きっかけは出会うこと。実際に、逢い、話し、お互いを理解する行為は昔から変わっていないのものなのでしょう。ネットを利用することで、いままで出会えなかった人とのきっかけがみつかることは歳代のメリットでしょう。遠距離でお互いの住んでいる街が離れすぎているとか、年齢差が10歳以上ありすぎるなんて、きっかけもネットならではではないでしょうか。しかし、結局は、お互いどうしのフィーリングがあうかどうか、価値観が共有出来るかどうかが、一番大切なポイントであり、最大の重要事項であるのは、変わりません。


静かに出会って、恋をはぐくんでいる男女もいます。やる気がないとかほんとうにそう思っているのでしょうか。お金がないとか、そんなことで恋することをあきらめてもいいのでしょうか。恋愛は人生の一番大切なことではありませんが、とくに女性にとっては生きることを確認する唯一の手段なのかもしれませんね・・・。

1 2